買い物をする際には支払いである決済が必要です。方法としては、現金払い・クレジットカード払い・金融機関での振り込みなどがあります。
店頭での購入ならば、現金払いやクレジットカード払いによって支払いが完了しますが、ネット通販やオークションなどのインターネット上での取引では、現金払いというわけには行きません。

この際の方法としてはインターネット上で、クレジットカード払いや金融機関への振り込みが必要となります。しかしながら、自分のクレジットカード番号をインターネット上に入力することに不安を感じる、金融機関のウェブサイトに自分の銀行口座情報を登録する手間が掛かる、手数料が必要等の理由から、躊躇されている方もいます。
そこで、別の選択肢としてコンビニ決済があります。これは、買い物後の支払い時にコンビニ決済を選択し表示される番号を、近隣にあるコンビニの専用端末に入力し、出力される用紙からレジにて現金で支払う方法です。


これならば、自分のクレジットカードをインターネット上で入力したり、銀行口座情報を登録することもなく、また手数料も掛からずに支払いが可能となります。
ただし、コンビニ店頭での支払い時には交通IC系カードの利用ができませんので注意が必要です。また、クレジットカードでの支払いもできないことが多いです。
インターネット上には、様々な個人情報が日々交わされています。セキュリティが万全であるという保証はありません。便利さと安全性や信頼性は二律背反です。
コンビニ決済は、その不安を無くす有効な決済方法の一つです。

 

*Images belong to their respective owners and copyright holders.