ペイジーというのは、所得税などの税金や、毎月の電気代や電話代などの公共料金、その他の料金などの支払いをするにあたって、金融機関の窓口やコンビニエンスストアのレジに並ぶことなく、自宅のパソコンやスマートフォン、ATMなどを通じて支払うことができるサービスです。

ペイジーの対象となっているかどうかは、料金の納付書や請求書の表面にペイジーのマークが付いているかどうかで判断することができます。具体的にペイジーでの決済をするための方法ですが、もっとも一般的な自宅のパソコンやスマートフォンからであれば、口座を持っている銀行のインターネットバンキングのサイトにログインをした上で、画面のなかからペイジーの項目を選択します。その後に請求書などに書かれている収納機関番号をサイト上に入力し、その後の画面ではお客様番号と確認番号をそれぞれ入力します。すると払込みをする人の氏名や金額、相手先などが確認画面に表示されますので、それで間違いがなければボタンを押して決済を確定させます。いっぽうで金融機関の店頭などに備え付けられているATMを利用したい場合には、最初の画面で税金・料金払込みなどと書かれたボタンをタッチし、その後はインターネットを使った場合と同様に、収納機関番号などをそれぞれ入力すれば決済が完了します。なおATMの場合はキーボードがない場合もありますので、その際はタッチパネルに表示されている数字のボタンをタッチして入力を行います。

*Images belong to their respective owners and copyright holders.