仮想通貨は投資の対象としても注目されていますが、インターネット決済の手段としても使われています。現在、インターネット決済ではクレジットカードやオンラインバンキングなど法定通貨を利用した手段が主流ですが、それが仮想通貨に置き換わる可能性はあります。銀行を介していないので、どの国でも利用ができるし、送金のスピードも速いです。とても利便性の高い通貨と言えます。ただ、そのためにはいろいろと乗り越えなければいけないこともあります。

仮想通貨というのは法定通貨のレートよりも投機的で、価格の乱高下が激しい動きを見せます。ですから、決済をするにあたって最も重要である価値が僅かな時間で失われるかもしれません。ということで商品やサービスを提供する側にとっては、仮想通貨で代金を得ることはリスクを抱えることにほかなりません。客が増えるとしても、それ以上に損害をこうむるかもしれないのであれば、小さい店などは導入したがらないでしょう。

たしかに便利ではあるかもしれないけれども、使える店が少なければインターネット決済の主流になることは難しいです。これから仮想通貨を使う人が増えたとしても、その点が変わらなければ今後も現在とそう変わらない状況が続くでしょう。

 

 

All images belong to their respective owners.