これまでは退職しリタイヤした後は日本国内で引き続き生活を送るという事例が多かったものの、今日ではリタイヤをきっかけとしてその後の生活を海外で送るという方が増加傾向にあります。
中でも人気が高く既に多くの方々が実際に移住して生活を送っている国がマレーシアであり、世界中に多くの国々が存在している中でマレーシアの人気が高いのは物価が安価である点が関係しています。
日本に比較するとマレーシアの物価は2分1や3分の1であり、商店などで買い求める商品はもとより食費や光熱費、住居費に至るまで生活を成り立たせる際のあらゆる物事において金銭的な負担が軽減させられるためです。
リタイヤすると退職金が得られるため金銭面が不安材料になるという事例はそう多くないですが、物価が安価に抑えられるとますます安心材料になりますし、より一層良い環境下で過ごす事もできるようになります。
そのような環境下に目を向けた際にもマレーシアに移住して生活をするという選択肢は大きな魅力が感じられるきっかけとなり、24時間265日にわたって警備員が常駐していて頼もしい上、マンション内に入居者のみが利用できるジムやプールが併設されている物件も安価に購入もしくは賃貸契約する事が可能です。

クアラルンプール市内のリッツカールトンレジデンスは、高級ホテルブランドが展開する高級コンドミニアムとして、人気を博しています。
警備員が常駐していますが、マレーシアは元来アジアにおいて突出して治安が良い国なので日本で暮らしている時と変わらぬ穏やかな生活を営んでいく事ができますし、年間を通して温暖な気候で時が流れていくため気温の変化により身体に負担がかかるといった事もなく、心身ともにリラックスして過ごせます。
そのように、気候な温暖であるが故に現地で暮らしている方々の性格も優しく、海外からの移住者に対しても様々な面でサポートして頂けるので、これまで海外で生活をした事がないという方でも難なく溶け込む事ができます。
さらに、マレーシアの料理の味付けは日本人の口にも合いやすい味付けがされているため、食文化の満足度も高いですし同様に移住してきた日本人が経営している日本料理店も数多いので、まるで日本に居るような本格的な和食も頂けます。