スキルアップをしていく段階では、スキルが高くなっていくほど国内企業に限らず海外企業も転職先として選択肢に入る機会が増えていきますが、海外企業に転職する際に気になるのは求められる英語力についてです。
英語圏は当然の事ながらその他の国や転職する業種によって求められる能力には差異がありますが、全てにおいては通ずるのはリスニングと読解、ライティングとスピーキングを基本としつつ文法力や語彙力も付せて必要になる事です。
実際にシンガポール企業において日本人が働いている割合が多いコールセンターは、やり取りを行う相手先が日系企業の日本人という事例が多いので、業務に際しては突出して高い能力は必要とされません。
そのため、英語圏において言葉の面で困らずに日常生活が送れるほどであれば十分に仕事をする事ができ、TOEICのスコアにおいては400点から500点が獲得できていれば安心です。
同様にTOEICで400点から500点を獲得する事ができていれば転職してもすぐに活躍できるのが飲食店であり、英語は日本語のように敬語が存在しないため日常会話レベルであれば十分に接客できますし、飲食店ではお客様に対して使用するフレーズが固定的なので難しい言い回しが苦手でも問題ありません。
そして、シンガポール企業に転職する際に高い英語力が求められるのが、英語圏の企業で通訳や翻訳といった言葉を扱い仕事をする場合です。
通訳や翻訳という特性上、ネイティブスピーカーの方の特徴的な言い回しや個人の話し方に影響を受ける事なく訳していく能力が求められますし、より良い表現を見つけて当てはめていき正しく伝えたりわかりやすく伝えられる方法を見つけるための語彙力も求められます。
通訳者や翻訳者として転職する場合にTOEICのスコアで目安になるのは800点以上であり、合わせてテレビやラジオから聞こえてくる情報を要約したり、自身の考えを伝える事ができるといった能力もあると良いです。